ヒアルロン酸とその使用に関する基本情報

ヒアルロン酸は、人体によって生成されている天然化学物質です。多くの場合、保管や包装のために塩や砂糖のような物質に加工されます。通常、皮膚にこすったり、体の一部に注射したりできる厚いジェルのように見えます。

その最高濃度は、眼球と骨の関節の内部と周囲の液体に見られます。また、臍帯や皮膚にヒアルロン酸塩の形で見られます。世界には他にも多くのヒアルロン酸源があります。一部の企業は、鶏冠からそれを取り出したり、バクテリアを使用して実験室で生産したりしています。

ヒアルロン酸性質

の基本的な化学物質は基本的に柔らかいゲルのように見えます。目や関節の潤滑剤として機能するため、移動時に摩擦が発生しません。そうでなければ、人間は絶えず痛みを感じるでしょう。この化学物質は、衝撃を受けやすい皮膚の保護クッションとしても機能します。ある意味で、ヒアルロン酸は体が怪我に耐えるのを助けます。 

ヒアルロン酸主な用途ヒアルロン酸

のの研究は、視力障害、腫れ、口内炎などの病状の治療を中心としています。この酸を眼に注射することは白内障を取り除くのに効果的ですが、手順は専門家によって行われなければなりません。ただし、一般市民は口内炎に使用する許可を与えられる場合があります。ジェルとして塗布することも、リンスとして使用することもできます。

スキンケアのためのヒアルロン酸の使用

ヒアルロン酸は老化防止治療として使用することができます。ジェルを顔のしわに注入して、顔のその部分をより健康にすることができます。その結果、1歳年下のように生き生きとしたふっくらとした肌になります。 

他の研究では、ヒアルロン酸でうがいをすると、化学物質が皮膚に向かって流れるのを助けることができることが示されています。ユーザーは、他の成分を追加して、その効果を高めるか、単に風味をより心地よくすることができます。 

ヒアルロン酸は、感度の問題を引き起こさないため、あらゆる種類の肌タイプに役立ちます。また、誰からもアレルギー反応を起こさないので安全です。一人一人がこれを自分の体に持っているので、それは予想されることです。

ヒアルロン酸を使用するリスク

酸をしわに注入するプロセスは可逆的です。他のスキンケア製品とは異なり、注入された部分のフィラーとして機能するだけなので、抽出されるまでそこに留まります。これを知ることが重要な理由は、ヒアルロン酸フィラーを使用すると副作用があるためです。それらは腫れやあざを引き起こす可能性があります。 

副作用は酸によって引き起こされるのではなく、患者が皮膚に使用した他の薬剤によって引き起こされます。ヒアルロン酸フィラーの使用を計画している場合は、赤ワイン、アスピリン、イブプロフェンなどの抗凝血剤の使用を避ける必要があります。

Leave a Comment